遣隋使の背景と新規営業時の背景   高久淳 ブログ記事より

現在のページ
HOME > 最新情報 > 遣隋使の背景と新規営業時の背景   高久淳 ブログ記事より

遣隋使の背景と新規営業時の背景   高久淳 ブログ記事より

今回は私の心構えとして歴史的な背景を参考にしていることを書いてみようと思います。
新規営業する場合、またはご紹介等で会社に訪問する際の心構えとして、安心できる会社であることは大前提です。

歴史的背景でも607年の9月に遣隋使として小野妹子が隋に行き、翌年3月に隋の2代皇帝煬帝に会いました。
その時の背景を考えると、全く知らない国同士で国交を結ぶという結果になったのも、煬帝の部下である裴世清(はいせいせい)という人物が日本に行き、日本という国は17条憲法と言う規範の法律もあり野蛮な国ではない、という安心感で属国とみなされず国交を結んだという背景があります。

法人同志でも、身近な所で言えば結婚も同じですよね。
契約をする際はお互いがどんな考え方を持ち、どんな社風なのか、家族なのかを見極めて国交のように仕事を共有したり同じ屋根の下で暮らすことを決意できるのだと思います。

このような背景からトップの考え方、会社を支える全員の考え方を勉強し高めていくことが、更なる飛躍につながり大きな幸せにつばがるのではないかと思っております。

お読みいただきましてありがとうございます。
株式会社 高久運輸
〒328-0111 栃木県栃木市都賀町家中2331
TEL : 0282-27-0163 / FAX : 0282-27-7253